×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

釣行記 2008/4/15
<目に桜、耳に鶯、手にはバス
今シーズンの初浮きは、やはり水温の上がりやすい池が良いかと出かけてみ た。
エントリーして水温を測ると14度。
池では何かの虫が盛んにハッチしているようで賑やかだ。

今シーズンのバス釣り用にとアメリカのショップに注文し、結果的に日本で買うよりも高いコストをかけてしまったSAGEのLARGE MOUTH BASS RODを使用。
ロッド
330グレインのラインを使用とのことで軽く流していたが、後で調べてみたら、
このライン#10と同じくらいということが日本で使うにはオーバースペックかと・・・。
アメリカのラージマウス用ということですな。(SMALL MOUTH BASSモデルが#8仕様とのこと)

岸際の主要なポイントを攻めるが、ギルも出てこない。
いや〜な雰囲気が漂い始めた頃に池中央付近の枯れた葦原&水草ポイントで魚の気配。
何かが暴れている。どうせ鯉だろうと駄目もとで投げたバルサポッパーに、
着水と同時に出た!
大型特有の重いファイトにアドレナリンは出まくる。
葦に巻かれたらアウトだと思って、引っ張り出そうと試みる。
ここで#10タックルのパワーがモノを言った。
広い水面に出しても、ジャンプしまくりで焦る。
リールにラインを巻き取ることも忘れ、やっとランディングしたバスは
太っ腹の43cmのおっかさん。
初バス バスの顔
いや〜、興奮しました。

この後は、デカギル君を追加して終了。
ギル

水温は17度まで上がったのだがバスの反応が無かった事から、釣れたバスは交通事故の様なモノか・・・。
昼過ぎに上がり、別の更に大きな池も調査してみたが、
水温17度にもかかわらず、風が強くて波があったせいかはわからないけれど、
浮かべても、沈めてもバス・ギルともに反応無し。桜が咲いていたので、例年の事を考えると少し早かったか。
16時過ぎに上陸し
以上で昼の部終了。

夜はいつもの湾に出かけて干潮で浅くなった河口部を攻める。
残念ながらここからはいつものルアータックルで。
シーバス メバル
シーバスは8.5cmのニョロニョロで、メバルは蛍光イエローのグラスミノーSSで釣れた。



おまけ、これは13日の夜に釣れたアイナメ。4lbのラインで不安だったが、ネットで迎えに行って無事にランディング。
40以上はあるかと。シーバスよりも重たく、しっかり首振りファイトをしてくれた。
アイナメ


本日のタックル
ロッド:SAGE
LARGE MOUTH BASS 7.11ft
リール:loop evotec CLW 5/8
ライン:SAGE 330グレイン
フライ:バルサポッパー 黒 8番


夜の部
ロッド:プロックスの4本継ぎのCAST MEBARU CM704 、
リール:ダイワのインフィート月下美人2004

ライ ン:ナイロン 4lb
1/32のジグヘッドにエコギアのグラスミノーSS、メバル用のミノー各種
にょろにょろ


釣 行記に戻る